共働き年収800万円から片親250万円になったシングルマザーが副業を始めたら片親でも500万円近くなった話

ブログど素人がWIXからWordPressに1ヶ月で乗り換えた理由

一部の人を除いてWordpress一択

ワードプレス

ドメインを取得してブログを書くなんてことは20数年生きてきて初めての経験でした。
元々閃きで行動しがちな私は下調べもせずいきなりサイト運営を始めた結果、早々に数万円の勉強代を払いました

ある程度のブログ知識がある方はWIXとWordpressで悩む方はいないかもしれませんが、私のような初心者中の初心者の方にむけて今回は記事に残しておきたいと思います。

とりあえず、悩む必要はなし!Wordpress一択でいきましょう。



nami
目的によっては、WIXも一部の人にはありかも…


WIXのメリット

メリット

・無料でも簡単にサイトが作成できる
・オシャレな写真が内蔵されている
・様々なサイトのテンプレートがありそのまま使用できる



WIX


変更しなくても上記のようにオシャレな写真がテンプレートに元々使用されていたり、WIX内から他の画像も挿入できるのでフリー素材を探す手間が必要がないです。



WIX



また、アニメーション効果や内部リンクもHTMLを使用せずワンクリックで設定可能です。
なので、一切プログラミングの知識がなくても大丈夫。



WIX


ja-wix-new-header

世界1億ユーザー突破!Wixで無料ホームページを作成しよう。簡単ウェブサイトビルダーで自由にカスタマイズ。プログラミング…



向いている人


・HTMLがなんのことか全くわからないレベルの初心者
・PCのことが本当に苦手
・センスに自信がないけどオシャレなサイトがいい
・収益化しない
・無料で簡単に済ませたい



という条件を満たしてくれるのが、WIXです。
知識がなくても誰でも簡単に無料でオシャレなサイトが作成できます。
※有料プランにすれば、WIXでも独自ドメインを使用しGoogleアドセンスを取得することができます。



関連記事

[adcode] ブログを始めたきっかけ 元々自分の気になったことを調べてそれをまとめて人に伝えるということが好きでした。ブログを始めたきっかけは、元を辿れば色々あります. きっかけ  ・シ[…]


以前のブログでお話しましたがWIXでサイトを作成したのは、元々ブログを書こうとした訳ではなくSNS上に複数のURLを載せたいという理由からでした。

収益化するつもりもなく紹介URLが複数掲載できれば良かったので、サイトが出来たときはWIXで大満足だったんです。

しかし、段々と懲ったサイトを作りたくなり収益化を目指したくなりました。



WIXのデメリット

デメリット


・好きにHTMLをいじれない
・ページが増えるほど重たくなる


HTMLは一つも知らない、意味も分からないというレベルの初心者でしたがサイトを作っていくにつれて、もう少しここを変えたいな。と思うようになりました。

でもWIXのコンセプトはHTMLの知識がなくてもオシャレなサイトが作れるということ。
大幅な変更は出来ず、従来のまま使用せざるを得ませんでした。

そして一番のデメリット!


・編集画面も重たい
・サイトも重たい

私がWIXからWordpressに移行を決意したのは、余りにも表示速度が遅いからでした。



向いてない人


・HTMLを使ってオリジナリティのあるサイトにしたい
・凝り性
・収益化したい
・ブログを書きたい




 
nami
私もCSSの存在すら知らなかったけど今は最低限のことはできるよ!凝り性の人も収益化する人も少し難しくても自由にできるWordpressがオススメ!



HTML初心者でもネットで検索をすれば、誰でもできます。
そして収益化したいのなら、速度は重要です。

編集している側が表示速度が遅すぎて嫌な気持ちになるのに、見に来てくれる人達がそのようなサイトで色々なページを見たいと思ってくれるわけがありません。
他のライバルページに流れてしまうでしょう。

そして、ブログを書くつもりなら更に表示速度は遅くなるはずです。


表示速度が遅いどういう影響を受けるのか…

・離脱率が高くなる
・検索順位への影響

離脱率が高くなる

・ユーザーが体感している待ち時間を 40% 削減した結果、検索エンジンのトラフィック※とサインアップ数が15%増加しました。
・読み込み時間を 850 ミリ秒短縮したところ、コンバージョン数※が7%増加し、直帰率が7%減少し、セッション当たりの閲覧ページ数が10%、増加しました。
・自社サイトの読み込みにかかる時間が 1 秒増えるごとにユーザーが10%ずつ減少することを発見しました。
・ページの読み込みにかかる時間が3秒超えると53%のユーザーがモバイルサイトの訪問を諦めることが分かりました。
・5 秒以内に読み込めるサイトは読み込みにその 4 倍近い 19 秒かかるサイトに比べて、セッション時間が 70% 長く、直帰率は 35% 低く、広告視認度が 25% 高いことが判明しました。
・読み込み時間が 5 秒以内であるサイトの発行者は、読み込みに 19 秒かかるサイトに比べて 2 倍もの広告収入を上げていることが分かっています。

引用元:パフォーマンスが重要なのはなぜか
※トラフィック:ホームページへの流入数を表すこと。=アクセス数。
※コンバージョン数:広告からサイトに訪れたユーザーがサイト上で商品の購入等、広告主にとって成果とみなされる行動をとった数のこと。

検索順位への影響

ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。 この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。 検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります

引用元:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します


 
nami
少し難しいかもしれないけど表示速度が遅いほど離脱率は高くなって、広告視認度も低くなる…サイトの内容が良ければいいけど検索順位にも表示速度はモバイルからもPCからも関係あるよってこと!来てくれる人目線で考えてみてね!


料金体系

WIX

どちらも実際に使用した私が各サイトを運営するにあたっていくらかかったのか、比較してみます。
私が使用していたプランになるので、安くも高くもできますが是非参考にしてください。



WIX

価格WIXの広告独自ドメイン
無料プランあり不可
有料プランなし


最初は無料のプランでサイトを作成していたので、0円で運営可能でした。
WIXの有料プランは4つのプランに分かれています。



プラン月額   WIXの広告   データ容量※帯域幅※ 
ドメイン接続500円あり500MG1GB
ベーシック900円なし3GB2GB
アドバンス1,300円なし10GB無制限
VIP2,500円なし20GB無制限

※データ容量…保存できるデータ量。ページ数や写真の量が多いほど容量も必要になります。
※帯域幅…訪問者が同時に閲覧できるデータ量。


収益化が目的で有料プランに切り替えるのなら、広告が外せるベーシック以降のプランがオススメです。



WIX金額
ベーシックプラン税込11,180円/年
独自ドメイン税込1,320円/年
合計税込12,500円/年


 
nami
私は『ベーシックプラン』で独自ドメインを『.com』で契約したよ♪



WordPress

WordPressではサイト作成費は0円です。ただ、サーバー代と独自ドメイン代がかかります。
また、サイトのテーマ(WIXでいうテンプレート)が7490個の無料のテーマと有料のテーマと種類豊富にあります。
無料のサーバーを使用すれば独自ドメイン代だけで運営できますが、できるだけ有料のサーバーを契約しましょう。

私は国内最速ということ、金額面、そして独自ドメインが無料で一つ使用できるということで『ConoHaWING』でサーバー契約しました。



 
nami
今度『ConoHaWING』については詳しく記事にするね!


ConoHa WING

WIXで一度失敗したので、最初からきちんと作ろうとWordpressのテーマは有料から選ぶことにしました。
無料のテーマで試してみて有料に、と思う方もいると思いますがテーマの移行の手間を考えたら最初から思い切って有料のテーマを購入することをオススメします。

私はオシャレなデザインが豊富なこと、標準装備が優れていること、SEOに強い、 レスポンシブ対応※ということから『THE THOR』を購入しました。
※レスポンシブ対応: PC、タブレット、スマートフォンなど、様々な画面サイズの幅を基準にWebサイト表示を調整し、見やすく最適な表示にすること。



 
nami
THE THORのこともまた別で記事にするね!




WordPress金額
WordPress無料
ConoHaWING(サーバー)税込11,880円/年
独自ドメイン無料
THE THOR(テーマ)税込16,280円
合計税込28,160円

2年目はサーバー代だけ払えばOK!



WIXとWordpressの料金比較


1年目金額
WIX12,500円
WordPress28,160円

WIXの方が15,660円安くサイト運営が出来ます。


2年目以降金額
WIX12,500円
WordPress11,880円※

※『ConoHa WING』は契約期間により金額が前後します。


WordPressの方が620円安くサイト運営が出来ます。


少しでも安くしたいならWIXです。2年目以降はWordpressの方が安いですが、1年目が倍以上違うのでWordpressの方が安くなるまでに23年かかります。

ただ、本格的にブログをやりたい方は機能面から見てもWordpress一択だと思います。
テーマは無料~1万円以下の有料のテーマもあるのでもう少し費用を抑えたいという方は色々探してみましょう。




超初心者でもWordpressにしておけばよかった

ワードプレス

WIXでのサイト作成が簡単にできるといっても本業と副業の仕事がある中での作業だったので、数週間かかりそしてお金もかかりました。
1ヶ月もしないでWordpressに乗り換えを考えはじめたので、作成時の労力とお金を考えるととても悩みました。

でも、結果的に更に+で労力とお金がかかってもWordPressに乗り換えて本当によかったと思っています。

もちろんWIXも簡単にオシャレなサイトが出来上がるのでブログを主に考えていなかったり、収益化しないのであればオススメです!

WIXとWordpressで悩んでいる方は少ないかも知れませんが、この記事がこれからサイト運営、ブログを始めようと思っている方の参考になると嬉しいです。





次回ブログ予告☞『

音声・ビデオ通話専門マニュアルはこちらから☟

note(ノート)

2019/3/21からメルレ開始💌💭4月から音声開始📞7月からビデオ開始👩‍💻最高月収41万円over💓…

mail♥lady.73
こんな私と仲良くしてくださる方やご質問がある方は、
follow me♡
>MANUAL

MANUAL

音声、ビデオ通話専門マニュアル販売中